自家焙煎珈琲&ジャム 彩々珈琲

数奇屋造りの店内で 珈琲豆専門店ならではの香り高い一杯を・・・

TEL/FAX.076-425-1040

MAIL.mametsubu@saisai-coffee.info
富山県富山市掛尾48-2
営業時間:AM10:00~PM6:00
定休日:月曜日

mama

梅漬けパート2

マスター家族(女房)です。                          梅2

ドカーン!!!

梅漬け2回めがやってきました。

 

なにが大変かといえば、小梅のへそ取りです ><;

めがねをかけていても、

老眼には少し疲れてしまいます。

ただひたすら、かわいい孫の喜ぶ顔が見たくて

ちまちま精をだすのです^^

 

気温差の激しい日々、皆さんどうぞ体調にお気をつけください。

 

 

今年の小梅漬け

マスターの家族(女房)です。                         小梅

毎年のことながら、梅の時期がきました。

今年この倍の量を漬けようと思っています。

なぜなら

県外の大学にいる孫の分もあるからです。

 

昨年「ばあちゃん最高に美味しい!!来年は、たくさん食べたい」と

絶賛(お世辞)リクエストの声があったので、

ばーばとしては、はりきっているわけです^^

 

お金はないけど、梅干しくらいならどれだけでも、、、、、梅のへそ取りをせっせとしました。

かわいい孫への想いを込めて♪♪

 

わくわく

マスターの家族(女房)です。CABA636E-A62F-440F-ADC8-024BF004C011

 

かわいい花たちをいただきました

小さいけれど、しっかりと咲いています

雪の下でその時期をじっと待っていたんでしょう

 

特別の行事や旅行など予定はなくても、

春の風や穏やかな日差しを楽しめることに

わくわくしている今日この頃です^^

 

 

 

 

 

麹菌の力

時々登場する家族(女房)です。麹

 

幼い頃、お雛様には、甘酒と砂糖菓子、ちらし寿司が昔から定番でした。

ただ、砂糖菓子は、とても苦手でした。

甘酒は、祖母や母が白湯で薄めて飲ませてくれました。

 

「食べる点滴」と言われている甘酒

米と麹でつくる日本のスイーツは、大事に残して生きたいと思います。

 

 

 

春2

お雛さま2明日から3月、、、早い、、、

ついこの間まで、雪まみれの毎日だった

みなさん、雪すかしで大変でした!

 

今年の冬は脱輪が多かった。

雪で亀状態の車が、旨く走れるようになった瞬間は、

みんなでバンザイをし、笑顔になった方達も多いだろう

寒いなか、心はホットな瞬間だ

 

雪はうんざりと思うが、見知らぬ人間どうし「困ったときはお互い様」精神は大切だ。

 

 

うるい1うるい2春が待ち遠しい と思っていたら、

なんと「うるい」が晩飯に酒肴で登場!

ハウスものだろうが、生産者の名が明記

独特の風味が春を感じさせてくれる

 

絶妙な茹で加減、白味噌仕立ての酢味噌がうまい!!

久しぶりに女房どのも なかなか気が利いてるなと思った^^

 

ひな祭り

昨日の休みに、雪すかしから始まる                          雛人形

今日は雲もないくらいの晴天

まったく、ほどほどは ないのか!

 

孫が富山にいないが、雛人形を一月から飾ってある

 

早いと思っていたが、そろそろ今日のような天気になると

もうじき春になるということで、

待ち遠しいじいさんなのだ!

 

 

 

 

竜眼!

中国のおみやげ 硬い殻の中に                                                                                                竜眼

ドライフルーツのような種のある実が入っている

干し柿にも似たような味だ

 

中国では、商談する前に一個食べ、商談が終わると もう一個食べる

そうすることで、交渉が成立する という慣わしがあるそうな、、、

 

とはいえ、リアルな形容だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪だるま連日の雪

店の前は融雪されているが、ちょっと小路に入ると亀状態の車

助けを求め、駆け込んでこられる方が数人

困ったときはお互い様、お客さも手伝ってくださり、

エイッ、と車を押す! だめなら、車にロープをかけ引く

 

雪の上で亀さんになっていた車が、すーっと動く よっしゃーーー

みんなで、笑顔になる。 よかった!よかった!

 

まだまだ降るつもりなのか、、、負けられんぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬将軍

つららしばらくぶりの侵入者 マスターの家族(女房どの)です。

富山の冬

昔は、年明けからは、だいたい雪がドンと降っていました。

38豪雪のとき、2階の窓が玄関でした。

 

休校が続き、嬉しくて雪すべり台で遊び、

近所の子供達が学年関係なく皆で かまくらをつくり、

七輪を持ってきて、中でおしるこを食べり、

話をしたり、なんだか本当の兄弟姉妹のようでした。

 

物資がないはずなのに、親たちは備蓄の乾物、塩漬けもの、野菜で食事を作っていました。

停電になっても暖房は炭火鉢、こたつ 明かりはろうそく

大変なはずなのに、困った表情もせず、ふつうにしていたように思います。

 

祖母が「愚痴をゆうても雪は解けてくれんから、あったかーい春来るが楽しみに待たんまいけ!」

甘酒をすすりながら、ばあちゃんの昔ばなしを聞いたものでした。。。

懐かしく思い出されます。

 

ちょっと不自由なことがあると、すぐぶちぶち文句を言っている自分に反省!です。