自家焙煎珈琲&ジャム 彩々珈琲

数奇屋造りの店内で 珈琲豆専門店ならではの香り高い一杯を・・・

TEL/FAX.076-425-1040

MAIL.mametsubu@saisai-coffee.info
富山県富山市掛尾48-2
営業時間:AM10:00~PM6:00
定休日:月曜日

mama

一年に一度の贅沢

正月の楽しみは、                                                                                                                            河豚香箱

いつもとは違う、酒がどんどん進む!!おかずがある

一年に一度の我が家の贅沢な食事

 

定番の黒豆、雑煮、煮物、数の子、その他

我が家流おせちは、女房どのが腕をふるう好評な定番のもの 日本のお正月!!

満喫の三日間だった。。。。。

 

ちょっと飲みすぎたかな^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンタローソク?!

F688E8BB-294B-4569-B249-663D8ED9F07E今年は、ケーキにサンタのローソクを付けた

デコレーショウンなしでいいと言ってもらっているが、

女房どのが、こんなのでもいいならと

出してきたのを付ける事にした

 

今日はケーキで終わった日だった、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

もうーいくつ寝ると、、、♪

タルト久しぶりに更新

毎日ケーキ作りで もたもたしている

ケーキ専門店ではないので、一人で作れる数などわずかだ

既製品の材料を使わずに作ろうと なんとか数年の月日がたった

 

特別の日に

「彩々のケーキが食べたいと子供が言うので」

「デコレーションはいらない、いつもの彩々のケーキが食べたいので」

 

「美味しい!」と言葉が聞けるうちは、もうちょっこし頑張ろう!

そして、感謝・・・

 

 

 

 

 

 

大根

今年の漬物は、とりあえず半分干す                              干し大根2

塩分が気になる年代ではあるが、ごはんには欠かせない

毎年、女房どのには ひと働きしてもらうことになる

 

沢庵漬けは長年のキャリア?!が大事で、こんな時こそ出番があるというもの。。。

役にたつというもんだ。頑張ってちょうだい!

 

 

 

 

感謝!!

イクラ毎年恒例 ハラコ作り

今年もいくらの醤油漬け作る時期がきた。

 

自分の好みは、海から川に遡上 する前の鮭。

鮭は、川に入ると飲まず食わずに泳ぎきるので、

身は痩せぼろぼろ、イクラは濃厚になるが、皮が張ってくる。

 

口どけのいい、さらっとしたイクラを新米にたっぷりのせ食べる。

年に一度の贅沢ごはん。鮭に感謝!!命をいただきます。

 

夕陽

夕日秋の夕陽

空は、どこにいようと誰もが目にできる風景。

自然の美しさに勝るものはないなぁ~

 

下ばかり見て、せこせこしている毎日 ほっとする景色だ。

また明日から頑張るか!

 

暖房

ストーブ自宅の2部屋、台所、洗面全部の暖房は、ストーブ1個が大活躍。                             リリー

家の端から端まで10歩も歩けば着く。アパートみたいなもんだ。

食事、風呂等、睡眠 人間2人と犬2頭が生活するには充分。

 

毎夜、つい居眠りをしていると「布団で寝んと風邪引くから、、、!」と

天(鬼)の声がなければ、ずっとストーブの側にいたいと思う。

 

どこの田舎?

干し柿1まわりは、ショッピングセンターや高層マンション、

外食チェーン店、外車の販売店など、干し柿2その中にまったく異質な空間がある。

 

わらで編んだ縄に干した渋柿、ストーブに入れる薪、障子戸、、、

むか~し むか~しのことじゃった、、、

と つい言葉が出てきそうな写真 どこぞの田舎風景

 

ちなみに、柿の数を数えられた 当店のお客さんU様、

食べごろになったら、わからないようにとってもいいですよ!

 

 

 

そい!

連休は、まことに好天にて釣り日和                                そい

日頃の行いがよい証拠だ^^

朝に少し出遅れたが、まずまず 晩酌のおかずはゲット!

 

そいとアオリイカは刺身。小さい河豚は、から揚げ。

テーブルには、ちょこちょこ小鉢が並んでいた。

いただきものの野菜やなにかで作ったおかずが並んでいる。

 

酒の肴にぴったりのおかずだ。

これは、たっぷり飲めということである!

まずは、冷えたビールで道をつけ、やわら刺身をつまむ。。。

時間がたっぷり、ゆっくり楽しめるのが、うれしいもんだ。

うぃ~~~

今年も栗!

栗これからしばらくは、30kgの栗と格闘する日々

渋皮煮は、モンブランを作る為の大事な作業

今年の味は、いかなるものになるか、、、

 

女房どのは、もう漬物用の大根の心配をしている

あっという間に冬支度の時期だ。

 

薪の始末も忙しくなるし、、、、、

もうひとり、ふたり、自分がいればいい!